クラウドサービス

WiMAXと契約する前に口コミで評判を調べておこう

どの電話を選ぶか

固定電話

料金と性能で比較

携帯電話の急速な普及により、固定電話を使わない方が今では多数を占めています。今後はアナログ電話回線が廃止されるという噂もあり、新しく導入する方は少ないものの、まだ完全になくなったわけではありません。アナログ電話回線を導入するには、高額の加入権を購入する必要があります。ただし加入権は昔に比べれば安くなり、市場では安価で取り引きされているケースが少なくありません。また加入権には資産価値があることや、融資を受ける際の信用につながることから、特に企業では一定の評価を受けています。さらにアナログ電話回線は災害時につながりやすいというメリットもあるため、一般家庭でも見直されています。インターネットをまったく利用しない家庭であれば、アナログ電話回線のほうが料金は安くなります。光電話回線は基本料金は安いものの、電話だけの契約はできず、インターネットの利用料が加わるため高額になります。ただしネットを使うなら、光電話回線のほうがトータルで費用を抑えることができます。たとえパソコンがなくても、スマートフォンで高速のWi-Fiを利用でき、台数が多いほど料金が割引になるサービスなども用意されています。電話加入権を持っていれば、アナログ電話から同じ電話番号で光電話に乗り換えることも可能です。それぞれの電話回線のメリットとデメリットを把握し、目的に応じた通信会社や契約を選ぶことが、導入に失敗しないコツと言えます。